ウィザスの講師は、悩む会社を救う

ある人材開発責任者は、より以上良い会社を作るために、自己を追求します。果たしてこのままでいいものかと・・・。そう言われれば、やっぱり答えはNOです。まだまだ会社が伸びる方法があり、みなさんは、そのことに対して、なかなか見直しが出来ていないのではないでしょうか。

株式会社ウィザスの人たちが講師をしている会社、株式会社インバスケット研究所のことをご存じでしょうか。株式会社インバスケット研究所に一度、そのような問題を相談していただきたいのです。まず、株式会社インバスケット研究所と向きあう・・・、それが会社のステップの第一段階です。

労働組合は会社社員一人一人をまとめてくれる組合です。働く人間にももちろん権利があり、会社はひょっとしたら暴走してしまうのかもしれません。しっかり権利を守るために労働組合が、代表して主張してくれます。

ウィザス 労働組合
http://www.inbasket.co.jp/profile2.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. サービス経済の発達した現代社会では、対人サービスを提供する職業人が増加しています。そして対人サービス…
  2. エス&ケイ(株)は、地域でもっとも人気を誇るマンション販売業者と取引を行っています。人気の理由は、高…
  3. リードワンプロモーションのタレントたちはいろいろな舞台に出演をしています。その中で、リードワンプロモ…
ページ上部へ戻る