小林朋継さんと漫画

漫画の特徴は絵でも楽しむことができるし、言葉でも楽しむことができるということです。小説の場合は絵が少ないため登場人物や情景は全て想像しなければなりません。しかし、漫画の場合はその必要がないのです。登場人物の顔や姿だけではなく、細やかな情景描写も絵で表現してくれます。小林朋継さんは小説を愛しています。しかし、それだけではありません。漫画も愛しているそうです。小説は学生の頃から集めていますが、同じように漫画も集めてきたそうです。特に好きな漫画はドラえもんだそうです。ドラえもんに関しては学生時代から読み続けています。

最近ではワンピースも読んでいるそうです。ワンピースとは主人公が海賊王を目指す漫画です。この漫画は主人公たちが敵を倒していくバトルも魅力的ですが、それだけではなく、仲間たちとの友情や感動できるエピソードなど人間くさいドラマも描かれているので、幅広い読者に共感され、愛されています。小林朋継さん自身は温厚で誰にでも優しく争いごとが嫌いで、皆が幸せでい続けるために努力を惜しまない方です。なので夢への冒険を描くワンピースを好きと言った時は驚きました。どこかで小林朋継さんもルフィーのような野望を抱いているのかもしれません。

小林朋継さんはこうも言っていました。小説は小説家の文章にもよりますが想像力が働かないと感情移入ができなかったりするのに対して、漫画は感情移入がしやすいということです。彼は小説ではあまり涙を流したりしないのですが、漫画だと泣いてしまう時があると話します。

小林朋継さんは毎週のジャンプを楽しみにしているそうです。ジャンプの発売日の月曜日は非常に楽しみで朝早くに起きてコンビニに行くそうです。その行動を聞いて少年心を持ち合わせた人物なのだなと感じました。大人になってしまうと少年心が無くなってしまいますが、小林朋継さんは未だに少年心を持っている人物です。小林朋継さんには奥さんがいるのですが、奥さんも漫画が好きだそうです。奥さんは小説は読みませんが、小林朋継さんと一緒に漫画は読むということでした。

小説が好きな人の中には、漫画は読まないという人もいます。小説が好きな人は登場人物の容姿を自分で考えることができ、情景も自分で想像することができますが、漫画はすでに登場人物の容姿、情景が描かれているので、その点が苦手だと考える人もいるようです。しかし、小林朋継さんはそうではありません。小説も愛し、漫画も愛すことができる柔軟な考えを持っている方です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. サービス経済の発達した現代社会では、対人サービスを提供する職業人が増加しています。そして対人サービス…
  2. エス&ケイ(株)は、地域でもっとも人気を誇るマンション販売業者と取引を行っています。人気の理由は、高…
  3. リードワンプロモーションのタレントたちはいろいろな舞台に出演をしています。その中で、リードワンプロモ…
ページ上部へ戻る