佐上邦久が理想とするどうぶつ基金

佐上邦久が代表をつとめるどうぶつ基金の活動は、多くの人の支持を得ながら着実にその歩みを進めています。命の大切を訴える人は多く、子どもの教育現場においても、ウサギの飼育などを通じて多くのことを学んでいくなどの取り組みが行われています。佐上邦久は、猫や犬の殺処分については、心からの憤りを感じており、その感情がどうぶつ基金の運営にとつながっています。ややもすれば、人間の都合が何よりも優先されることに憤りを感じているのです。猫や犬は、元来ペットなどとして飼育されたことをきっかけにして多くなっていったのです。いってみれば、人間の欲望によって、増えたともいえるでしょう。

猫や犬は、あくまでも動物であり、人間のような立ち振る舞いはできません。糞や尿、食べ残しなどの処理ができないのは当然のことです。そのことが、人間の住む環境に悪影響を及ぼすと声高に叫ぶ人も多くいるのです。佐上邦久は、このような動物虐待ともいえるような惨状を変える目的でどうぶつ基金の活動を続けています。佐上邦久の取り組みには、決してゴールはありません。猫や犬の残酷な殺処分がなくなるその時まで、手を緩めることなくどうぶつ基金の活動を続けていくことに余念はないのです。

佐上邦久の努力は、着実にその成果をあらわしてきています。その一つにあげられるのが、環境大臣賞の受賞です。どうぶつ基金が必死になって取り組んだことが、公に認められたのです。決して、表彰されることや名声を得るために日々の活動に励んでいるわけではなく、ただ単に猫や犬を殺処分などから守ることに注力してきただけなのです。パフォーマンスやうたい文句は、何の意味もありません。むしろひたむきに活動を続ける人にとって悪影響をもたらします。佐上邦久は、猫や犬のために今日もまた走り続けます。

公益財団法人どうぶつ基金
https://www.doubutukikin.or.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. エス&ケイ(株)は、地域でもっとも人気を誇るマンション販売業者と取引を行っています。人気の理由は、高…
  2. リードワンプロモーションのタレントたちはいろいろな舞台に出演をしています。その中で、リードワンプロモ…
  3. 烏丸 エステのR2(アールアール)ですが、阪急京都線鳥丸駅19番出口から徒歩1分の場所にあります。月…
ページ上部へ戻る