美容ライター牧野奏子おすすめのストレス解消法

牧野奏子は30代に差し掛かりましたが、ここにきてストレスを感じることが多くなったと実感しているようです。女性が軽んじられる風潮を嫌っていた牧野奏子は、慶應義塾大学にいた学生時代から男子と比較しても負けん気が強い性格でした。このスタイルは社会人になってからも変わらず、意見がぶつかるときでもそう簡単に自分の考えを曲げることはありません。また仕事をする上で男性がなかなか決断できないことでも、牧野奏子がすっぱり決断をするなんて時もあります。ですが、その積み重ねによってここまでやってきたものの、近頃ではストレスを感じずにはいられないようです。

そこで牧野奏子はストレスを解消する方法をいろいろと模索しています。例えば牧野奏子は自分の趣味に没頭できる時間を設けるように心がけています。牧野奏子は慶應の学生時代から、読書が趣味でした。慶應義塾大学には大きな図書館があって、学生時代はそこで何時間も本を読んでいたこともあったそうです。慶應時代と比較すると、仕事の関係もあって読書できる時間は限られているようですが、それでも極力本を読む時間を確保しているそうです。小説のほかにも雑誌を読むこともありますし、気が向けば漫画を読むこともあります。このように自分が読みたい本をその時に読むことでストレス発散をしています。ベッドやソファに寝ころびながら好きな本を読む、まさに彼女にとって至福のひと時です。

また、慶應時代に始めたサイクリングも趣味の一つです。慶應大学時代にはアメリカでサイクリングをするための旅に出たこともあるほどで、彼女にとってサイクリングは最大の趣味といっていいでしょう。なかなか学生時代のように海外に行ってサイクリングを楽しむことはできなくなりましたが、それでも時間ができると近所を走ってして楽しむこともあります。風に吹かれながら自転車を使って移動するのが、気分転換するにはもってこいです。

牧野奏子はこのように自分のやりたいことをやることによって、日ごろの仕事や家事などで溜まっているストレスを発散させています。ストレスフリーな生活をするのは、現代人が生活していく中でほとんど不可能とも言えますが、そこでいかにストレスをためないか、定期的に発散するかを牧野奏子は重要視しているのです。ストレスがたまると肌のコンディションを悪化させてしまいます。美容ライターとして仕事をしているのに肌荒れが目立てば本末転倒ですし、常日頃からストレスのマネジメントをどのように行うか注意を払っていく必要があるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新投稿記事

  1. 牧野奏子は30代に差し掛かりましたが、ここにきてストレスを感じることが多くなったと実感しているようで…
  2. バザーなどで販売される食品、仕分けされたビーズなどの小物、試食品や試料、こうしたものに目が行く時、中…
  3. 松岡哲也は、夜中にゆっくりと過ごすのが好きという夜型の40代男性です。身長は170cm台、体重は60…

アーカイブ

ページ上部へ戻る